屋根修理

屋根材の8つの種類と失敗しないための選び方

屋根の修理における悩みの1つが屋根材の種類です。どうせ修理するなら以前とは違う屋根にしたいと考える人は多いことでしょう。

しかし、屋根材は種類が多く、選ぶのに迷ってしまいます。あなたも色々な屋根材を比べてみたいとの思いから、本記事にたどり着いたのではないでしょうか。

本記事では屋根材の種類ごとの特徴を具体的に解説していきます。読むだけで理想の屋根材を見つけることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

一般住宅に使われる屋根材一覧

一般住宅で使われている屋根材は主に8種類あります。各屋根材の特徴は以下にまとめましたので、目を通してみてください。

粘土瓦

粘土瓦は日本に古くからある屋根材です。古い日本家屋や寺院の屋根を想像すればわかりやすいかと思います。採用されることは減りましたが、今でも一般住宅の屋根材として申し分ありません。

具体的な利点としては、耐用年数がとても長いことです。定期的なメンテナンスは必要ですが、50年以上は使えるといわれています。子供や孫に家を残そうと考えるなら、最適な屋根材です。防音、断熱性にも優れています。

ただし、重量があるため、耐震性能は低くなります。高さのある住宅では地震の揺れで瓦が落ちると危険性が増すことでしょう。昔ながらの平屋に近い住宅に向いている屋根材といえます。

粘土瓦は寿命が長い!家を財産として残したい人向け

セメント瓦

セメント瓦は本来粘土で作られる瓦をセメントで作ったものです。一時期は粘土瓦よりも安価に瓦屋根のデザインを取り入れられるとして広まりました。ただし、現在は採用されることはほとんどありません。

セメント瓦の特徴は粘土瓦と同じく、防音と断熱性に優れていることです。いっぽうで、粘土瓦ほどの長い寿命はありません。塗装などのメンテナンス頻度も高いため、手間もかかります。

どうしても安価に瓦屋根にしたい人向けの屋根材です。

セメント瓦は安価に瓦屋根にできる反面、欠点が多いことに注意!

化粧スレート

化粧スレートはセメントなどで形成した板状の屋根材です。カラーベストやコロニアルと呼ばれることもあります。昨今の住宅では人気の屋根材です。

化粧スレートは重量が軽く、耐震性が高い特徴があります。色のバリエーションも豊富で、外観のデザイン性にこだわるときにぴったりです。瓦屋根に比べると、対応可能な業者も多くなります。

無難に屋根材を選びたい人には最善の選択肢といえるでしょう。

化粧スレートはデザインが豊富!万人向けの屋根材

天然スレート

天然スレートは自然の岩石を板状に加工した屋根材です。アーティスティックな雰囲気があり、西洋の古式建築を思わせます。個性のある屋根にしたいときに選ばれやすいです。

ただし、素材が岩石であるため、重量があるのが難点といえます。耐震性でいえば、化粧スレートのほうが上です。独特な質感があるため、一般的な外壁では馴染まないこともあります。

特殊な事情がない限りは、選択肢に入れないほうがいいでしょう。

天然スレートは個性の強い屋根材!一般住宅には似合わないことがある

銅板

銅板は名前のとおり、銅を板状に形成した屋根材です。瓦と同じく、日本では古くから使われています。古い寺院の屋根が瓦でなければ、銅板の可能性が高いでしょう。

銅板は耐久性が高く、少々のサビでは耐用年数が著しく落ちることがありません。金属系の屋根材としては軽く、耐震性にも優れています。

欠点は洋風住宅が主流となった現在では、施工できる職人が少ないことです。対応可能な業者を見つけるのに時間を要します。早く屋根を修理したい人には向いていないといえるでしょう。

銅板は頑丈で寿命が長い!代わりに施工業者を見つけるのに苦労する

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板はアルミや亜鉛をメッキ加工した金属系の建材です。屋根材のほか、外壁としても使われることがあります。化粧スレートに次いで、昨今では人気のある屋根材です。

ガルバリウム鋼板の魅力は耐久性が高いことです。防水性が抜群で、サビに強い特徴があります。屋根材としてはメンテナンス頻度も多くありません。軽量で耐震性もあります。

金属系の屋根を選びたいときは、真っ先に選択肢に入ることでしょう。

ガルバリウム鋼板は耐久性が強い!金属系屋根なら最もおすすめ

アスファルトシングル

アスファルトシングルはガラス繊維をアスファルトに浸し、表面に砂や石材を圧着したものです。他の屋根に比べると、表面がザラザラした独特の質感をしています。

一風変わった屋根材であることから、デザインにこだわる人に人気です。機能面も申し分なく、耐震性や強度に優れています。屋根の形状に関わらず施工しやすいのも利点です。

ただし、アスファルトシングルは軽いために風で吹き飛びやすいのが欠点です。台風の進路になりやすい地域では毎年のように補修が必要なこともあります。湿気が溜まると、苔が繁殖しやすい点も注意が必要です。

アスファルトシングルを選ぶときは、お住まい地域の気候を把握しておく必要があるでしょう。

アスファルトシングルは軽量でオシャレ!強風に弱いことには注意しよう

屋根材ごとの費用相場と耐用年数

各屋根材の特徴を知ったところで、気になるのは具体的な費用と寿命です。以下の表で屋根材ごとの費用相場と耐用年数をまとめましたので、参考にしてみてください。

屋根材費用相場(1㎡)耐用年数
粘土瓦9,000〜12,000円50年~100年
セメント瓦6,000〜8,000円30~40年
化粧スレート4,500〜8,000円15年~25年
天然スレート10,000円〜25年~
トタン4,000~4,500円10年~20年
銅板20,000円〜25年~
ガルバリウム鋼板6,000〜9,000円20年~30年
アスファルトシングル5,000〜6,000円20年~30年

上記の表を見れば各屋根材ごとの費用と耐用年数がわかります。一見、数千円程度の差に見えますが、あくまでも1㎡あたりの単価です。実際は施工面積に比例して差額は大きくなります。

仮に100㎡で計算すると粘土瓦は最大で120万。ガルバリウム鋼板は最大で90万程度と、30万の差が生じます。100万を超えるか超えないかも初期費用としては大きなポイントかと思います。

屋根材を選ぶときは施工面積と単価をふまえて、納得のできるものを選びましょう。なお、屋根修理は別途施工費用がかかります。施工費用については以下の記事で詳しく解説しているので、目を通してみてください。

屋根材選びに失敗しないための方法

屋根材は利点や単価だけに注目すると、施工後に後悔することがあります。屋根材選びに失敗しないためには、以下の要素を最低限意識するようにしてください。

コストはメンテナンスも想定して計算

屋根材は定期的なメンテナンスをすることも想定して選ぶのが大事です。初期費用が安くても、メンテナンスの頻度が多ければ総コストは高くなります。

たとえば、湿気の多い地域では屋根に苔が生じやすいです。苔に弱いアスファルトシングルでは頻繁に洗浄を行う必要があります。

逆に防水性の高いガルバリウム鋼板であれば、苔に悩むことは少ないです。アスファルトシングルより単価の高いガルバリウム鋼板のほうが、メンテナンス費用は安く済むことが多いでしょう。

屋根材はメンテナンスを含めたコストを考えて選ぶことを忘れないようにしてください。

デザインは外壁との相性を考えよう

屋根のデザインは外壁との相性、バランスを考えて決めることが大事です。屋根単体のデザインだけで判断してしまうと、施工後に違和感があることがあります。思っていた外観と違う事態を避けるためには、事前に屋根の色や質感が外壁に馴染むか考えなければいけません。

外観のイメージをつかむためには、修理業者に問い合わせて過去の施工例を見せてもらうといいでしょう。単純に近隣を散策して、各住宅の外観を参考にしてみるのもアリです。

実際に完成された住宅を見てイメージを固めるように意識してみてください。

屋根材を選ぶときは慎重に検討を

屋根材の種類についてお伝えしました。屋根材は種類によって特徴やデザイン、費用が違います。部分的な要素だけで決めてしまうと、後で大きく悔やむことも多いです。

屋根材は広い視野で慎重に選びましょう。迷ったときは再び本記事に戻ってきてください。あなたの納得する屋根材のヒントが得られるはずです。

スカイアルバムがおすすめする屋根修理業者
  • 屋根修理のすまいるーふ

    すまいるーふバナー画像
    「生涯雨漏り保証」を実施しており、各屋根ごと最適な屋根材や釘・ビスに至るまで、徹底的にこだわり、経験豊富な職人さんが施工を行うことで雨漏りさせない屋根作りを実現!
  • LOVE STYLE

    LOVESTYLEバナー
    葺き替え・カバー工法施工時に「10年保証」の制度を設けています。施工ミスや不具合にも対応できるよう瑕疵保険も完備しており、安心して施工をお任せできます!
  • 屋根の修理お任せ一番

    屋根の修理お任せ一番バナー
    施工完了後も半年後に無償の点検を実施!その後も定期点検を行い不具合箇所があれば都度対応をしてくれます!メーカー保証10~30年以上の年数の耐久性を保ちます!