屋根修理

安心して屋根修理を行うために依頼時の注意点を知っておこう

住宅トラブルのなかでも多いのが屋根の破損です。悪天候を迎えたときに急に雨漏りが起きたり、ふと見ると塗装が剥げてたり、さまざまな状況があります。

ただし、急いで修理をしようと思っても、経験がない人はどこに依頼をして良いのかわかりません。仮に依頼先が見つかっても、相談の仕方が不明なこともあるでしょう。

本記事では、屋根修理を行うための注意点を解説していきます。依頼先から相談時に伝える内容まで網羅しているので、参考にしてみてください。

屋根修理の依頼先は複数ある

屋根修理を承っている業者の種類は複数あります。ただし、業者によって対応できる修理内容や規模はさまざまです。修理を依頼する先は状況に応じて変える必要があります。詳しくは以下を参考にしてください。

雨漏り対策業者

雨漏り対策業者は名前のとおり、雨漏りに特化した屋根修理を行っている業者です。雨漏り修理自体は一般的な工務店でも行えます。しかし、雨漏り対策業者は対応が素早いという利点があります。

たとえば、長い雨が予想されるなか、雨漏りが起きたとしましょう。一般的な工務店であれば、問い合わせても修理は後日ということが多いです。雨漏り対策業者であれば、即日で対応してくれます。場合によっては夜間でも応急処置だけ行ってくれることもあります。

雨漏り限定とはなりますが、急ぎで対応してほしいときは雨漏り対策業者に修理を依頼しましょう。

雨漏り対策業者は対応が早い!急を要するときに依頼しよう

板金業者

板金業者は金属系屋根に対応している業者です。ガルバリウム鋼板、トタンの屋根の修理は基本的に板金業者に依頼することになります。雨どいなどの屋根に付属する金属部品が破損したときも同様です。

金属系屋根の主なトラブルといえば、屋根のサビや塗装落ちです。板金業者に相談すれば、サビ落としから補修、再塗装まで行ってくれます。また、雨漏りの発生個所には金属部品が使われていることが多いため、板金業者は雨漏り修繕の専門家でもあります。

金属系屋根、雨漏り修理については最初に板金業者に相談してみてください。

金属系屋根は板金業者に依頼!雨どい、雨漏り修理にも対応

瓦葺業者

金属以外の屋根の修理が行えるのは瓦葺業者です。昔ながらの瓦屋根やスレート屋根の修理は瓦葺業者に依頼することになります。屋根材の交換や漆喰の補修は瓦葺業者に依頼しましょう。

ただし、業者によっては瓦修理に対応としつつ、実際の作業は外注していることがあります。とくに訪問営業をされた場合は単なる仲介業者の可能性が高いです。間に別の業者が入ることで、細かな要望が伝わりにくくなるので注意しましょう。

瓦葺業者に依頼するときは、相談から施工まで自社で行っている業者を選ぶようにしてください。

瓦屋根、スレート屋根は瓦葺業者に依頼!仲介業者の存在に注意しよう

屋根修理専門業者

各屋根の専門業者が見つからないときは、屋根修理専門業者に依頼してください。屋根修理専門業者では、自社で職人を抱えており、屋根修理の技術・知識が豊富なため、安心して施工をお願いすることができます。

また屋根修理専門業者であれば、屋根の保証なども充実しており、会社によっては「生涯保証」なども設けている会社も存在します。

屋根修理を選ぶときは、専門の業者に依頼するのが最も無難な選択肢です。

屋根の修理を相談するときに伝えること

屋根の修理依頼はただ漠然と修理したい旨を伝えるだけでは話が進みません。最低限、依頼先に伝えるべき事項があります。屋根の修理依頼をするときは、事前に以下の要素をまとめておいてください。

屋根の症状

依頼するときに最も重要なのは、屋根の症状について詳しく伝えることです。漠然と屋根を修理したいだけでは、業者も現場を見るまで見積もりやスケジュールの目途が立ちません。できるだけ、詳細をハッキリと伝えましょう。

たとえば、雨漏り修理を依頼したいとします。ただし、雨漏りといっても私生活に支障が出てない段階なのか、緊急を要するくらいひどいのか、状況はさまざまです。詳しく伝えることで、業者も派遣する人員が確保しやすくなり、スムーズに現場調査を行ってくれます。

屋根修理を依頼するときは、なるべく状況を細かく説明してください。

屋根の症状を詳しく伝えると、業者も対応しやすい

屋根の種類

修理を依頼するときは、屋根の種類もわかる範囲で伝えておきましょう。先にも解説した通り、屋根の種類によって依頼する業者は変わります。相談時に屋根の種類について誤解があると、現場調査の段階で対応できないと告げられることもあるので注意してください。

自分で屋根の種類がわからないときは、屋根の写真を撮って業者にメールなどで送る方法もあります。大きな手間もかからないため、屋根の種類を伝える方法としては確実です。

どうしても余分な手間をかけたくないときは、あらゆる屋根に対応できる総合リフォーム店に相談してください。

屋根の種類を伝えると、すぐに対応の可否がわかる

屋根の広さ

修理を依頼するときは、屋根の広さも伝えてください。具体的な面積を提示できればベストです。わからないときは、おおまかな範囲で大丈夫なので説明しておきましょう。

広い屋根の住宅にお住まいの場合はとくに重要です。現場調査に来る担当者は一人ということが多いので、屋根が広いと作業に時間がかかってしまいます。事前に屋根が広いことを伝えておけば、人員を増やしてくれることもあるのでスムーズに事が運びます。

素早く現場調査を行ってもらいたい人は、屋根の広さをわかりやすく伝えるようにしてください。

屋根の広さを伝えると、必要な人員を手配してくれる

現場調査から見積もりまでの注意点

相談が終わると、あとはすべて業者に任せておけば安心というわけではありません。業者のなかには、施工トラブルの多い悪徳業者も存在します。信頼できる業者を見つけるためにも、以下の内容を意識してみてください。

調査員の対応をチェック

現場調査のときは、調査員の対応をしっかり見ておきましょう。現場調査の段階で対応が雑だと、実際の修理工事のクオリティにも期待できません。顧客のことを考えていない悪徳業者の可能性があります。

優良業者を見つけるためには、会話での雰囲気、屋根の上で丁寧に作業を行っているかをチェックしましょう。いくつか気になることをワザと質問してみるのも有効です。しっかり詳細を説明してくれる業者は優良といえます。

現場調査は業者に任せっきりにせずに、調査員の仕事ぶりを観察するのが大事です。

調査員の対応が丁寧だと優良業者の可能性が高い

調査報告書の内容をしっかり読む

現場調査のあとは、調査員から渡される報告書をしっかり読みましょう。報告書には現状の屋根の状態が詳しく書かれています。あわせて修理プランが提示されるので、不審な点がないか確認してください。

とくに想像以上に屋根材の交換が提案されている場合は、明確な根拠を聞きましょう。悪徳業者であれば不必要な修理を平然と提案してきます。素人にはわからない専門用語でごまかされることもあるので、気をつけてください。

業者の話に不信感を覚えたら、念のため別の業者にも現場調査を行ってもらいましょう。

調査報告書の内容に不審な点があれば別の業者にも相談を!

正式な契約は後日に

業者との正式な契約はなるべく後日に回しましょう。現場調査が終わった後は業者から正式な契約を迫られることになります。急を要するときは即日で契約してもいいですが、できれば一時保留としてください。

まずは業者から渡された書類をしっかり確認しましょう。契約書の内容はもちろん、保証についての書類確認も忘れてはいけません。万が一、施工不良があった場合のサポートなどが記載されています。

書類の内容に疑問点があれば、業者に直接問い合わせてみましょう。不自然な要素があれば、契約はしないほうが無難です。

安易な契約は後のトラブルに!サポート内容を確認しよう

適正価格か調べてみよう

契約書の確認だけではなく、提示された見積もりが適正なのかもチェックしましょう。悪徳業者であれば、価格が相場と大きくズレていることがあります。とくに相場より異常に安い場合は何かしらの裏があると思ったほうがいいでしょう。

適正価格の調べ方は、他の業者の見積もりと比較することです。他の業者の提示額と大きく違う業者は悪徳業者の可能性があります。複数の業者に現場調査と見積もりを出してもらうには時間がかかりますが、相場を知るには確実な方法です。

スケジュール的に余裕がない場合は、問い合わせて見積もり例だけでも聞いてみましょう。見積もりを取る方法については、以下の記事でも詳しく解説しているので目を通してみてください。

複数の業者から見積もりを取れば適正価格がわかる!

注意点を意識し信頼できる業者に依頼しよう

屋根修理を依頼するときの注意点をお伝えしました。段取りさえつかんでおけば、とくに難しい内容はありません。急を要するなら、さっそく近隣の業者を探してみてください。

実際に相談したあとは、現場調査や見積もりを確認して信頼できる業者か判断しましょう。屋根修理を安心して行うためには、相談後も気を抜かないことが大事です。

スカイアルバムがおすすめする屋根修理業者
  • 屋根修理のすまいるーふ

    すまいるーふバナー画像
    「生涯雨漏り保証」を実施しており、各屋根ごと最適な屋根材や釘・ビスに至るまで、徹底的にこだわり、経験豊富な職人さんが施工を行うことで雨漏りさせない屋根作りを実現!
  • LOVE STYLE

    LOVESTYLEバナー
    葺き替え・カバー工法施工時に「10年保証」の制度を設けています。施工ミスや不具合にも対応できるよう瑕疵保険も完備しており、安心して施工をお任せできます!
  • 屋根の修理お任せ一番

    屋根の修理お任せ一番バナー
    施工完了後も半年後に無償の点検を実施!その後も定期点検を行い不具合箇所があれば都度対応をしてくれます!メーカー保証10~30年以上の年数の耐久性を保ちます!