屋根修理

スレート屋根の劣化症状別修理費用とは?アスベスト入りの修理方法もご紹介

スレート屋根にはどんな劣化症状が起こり、どんな修理方法で直せばいいのかご存知ですか?こちらの記事では修理方法ごとの費用相場やアスベストを含んだスレート屋根の処分費用をご紹介。

家の屋根がスレート葺きだという方は、メンテナンス方法やメンテナンスタイミングを見極める参考にしましょう。

スレート屋根の劣化症状別修理方法

セメントにパルプなどの繊維質が含まれている化粧スレートは、材料代が安く施工しやすいことから多くの新築建売住宅の屋根に採用されています。「カラーベスト」や「コロニアル」といった商品名でもよく知られています。

日々紫外線や風雨にさらされ続けている屋根は、家の中で一番劣化が激しい場所。もちろんスレート屋根にも経年劣化により様々な症状が現れます。

こちらではスレート屋根の主な劣化症状と、それに適した修理方法を解説していきます。

表面の色褪せ・コケ・藻の発生

新築で家を建ててから10年も経つとスレート屋根表面の塗料が剥がれて色褪せが始まります。色褪せは見た目が悪くなるだけでなく、屋根材の防水性が低くなる原因にも。

水を弾かなくなったスレートは次第に雨水を吸い込むようになります。濡れた屋根表面に胞子が付着すると、コケや藻が発生してきてその範囲が広がります。

特に日当たりの悪い北側の屋根にはびっしりとコケが生えることがあり、見た目にも汚らしく見えてしまいます。

さらに塗膜が劣化すると表面に白い粉状のものが付着する「チョーキング現象」が現れることがあります。このような色褪せやチョーキング現象は塗装の劣化のサインと考え、早めの屋根塗り替え工事を検討しましょう。

スレートのヒビ割れ・浮き・反り

表面の塗膜が剥がれて水を吸い込むようになったスレート材は、ヒビ割れや浮きなどが見られるようになります。

これはスレートの内部に水を含んで膨張し、太陽光や風で乾燥して収縮を繰り返すことでで発生します。最初のうちは細かいヒビでも長い年月をかけて膨張と収縮を繰り返し、次第にその範囲を広げていきます。

特に0.3mm以上のヒビには大きな割れに成長する前に適切な補修が必要です。また強風でアンテナが倒壊して屋根に激突、スレートにヒビが入ることがあります。

塗料による施工価格の比較については、次の記事に詳しく掲載されています。塗料を選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

屋根修理が成功する塗料の選び方6つのポイントとは?塗装費用を抑えるコツでお得に! 屋根塗装は屋根修理法の一つで、外観を美しく保つだけでなく劣化を防いだり雨が染み込むのを予防する役割があります。 そんな塗料には様...

さらに屋根が下地から浮いたり反ったりすることもあります。これらは放置すると大きく割れて雨漏りする原因にもなりますので、なるべく早めに部分交換・補修を施しましょう。

スレートの欠け・脱落

スレートが大きく欠けていたり、一部が脱落している場合はなるべく早めに交換修理が必要です。スレートは上部4か所を釘で固定しているだけなので、強風や地震の振動で脱落することがあります。

通常スレートは二枚重ねで葺かれており、下地には防水シートが施工されているためすぐに雨漏りにつながることはありませんが、何かの拍子で防水シートに穴が開くと、雨水が内部に侵入することがあります。

雨水の侵入は雨漏りの大きな原因となりますので、この場合は部分的な屋根材の交換工事が必要になります。

棟板金の浮きや釘の脱落

スレート屋根の一番高い部分には金属製の部材が付いた「棟板金」が施工されています。棟板金は強風の影響を最も受けやすく、固定している釘が抜け落ちて飛散すると二次災害を起こす危険も。

棟板金の耐用年数は15年~25年ほど。できれば10年に一度は点検をして、釘の浮きを直すか、棟板金を交換するなどの補修をして下さい。

雨漏りが発生

スレート屋根の雨漏りは、棟板金の脱落やスレートの脱落、下地の劣化など様々な原因が考えられます。いずれの場合も雨が室内側までしみだしているため、防水シートや野地板(のじいた)が腐食している可能性大です。

一部の雨漏りなら部分補修で対応できることもありますが、何カ所にも雨漏りが発生している場合はスレートと一緒に下地も交換した方が良いでしょう。この場合は屋根全体に及ぶ葺き替え工事が必要になります。

スレート屋根の費用相場を詳しくご紹介

スレート屋根の劣化状況に応じた修理方法が分かったところで、修理にかかる費用の相場をご紹介していきます。小規模な部分補修工事から屋根全体に及ぶ塗装・葺き替え・重ね葺きの費用について見ていきましょう。

棟板金・部分補修工事

台風などで棟板金が浮いてしまった場合は棟板金と一緒に、棟板金を固定している貫板(ぬきいた)も交換してください。強風に強い屋根になるだけでなく、防腐処理を施した貫板を使用することで劣化しにくい棟になります。

棟板金の劣化やスレートの一部が見られた時は、下のような修理をおすすめします。

工事内容費用相場
棟板金補修5,000円~8,000円/m
スレート交換5,000円~30,000円/枚

上記の工事に足場の設置が必要な場合、15万~20万円ほどの足場費用が追加になることがあります。

塗装工事

スレート屋根への塗装工事では使用する塗料の種類によって費用の相場が変わります。こちらは主な塗料の種類と㎡当たりの相場です。

塗料の種類費用相場(㎡)
ウレタン塗料1,500円~2,500円
シリコン塗料1,800円~3,500円
フッ素塗料2,800円~5,000円

光触媒で汚れが付きにくくなる機能や、建物を暑さ寒さから守る遮熱・断熱機能の塗料があります。塗料の機能やグレードがアップすると㎡当たりの単価も高くなっていきます。

塗装工事で使う塗料の選び方について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

屋根修理が成功する塗料の選び方6つのポイントとは?塗装費用を抑えるコツでお得に! 屋根塗装は屋根修理法の一つで、外観を美しく保つだけでなく劣化を防いだり雨が染み込むのを予防する役割があります。 そんな塗料には様...

スレート屋根の塗装工事で注意が必要なのは、塗装後に「縁切り」という処理をしなければいけないということ。スレート屋根に塗料を塗るとスレート同士の隙間に塗料が入り込んでそのまま乾燥します。

スレートの間に隙間を作らないと雨水が外に逃げていかず、内部木材の腐食や結露の原因になります。「縁切り」には次の二種類の方法があります。

  • 塗装前に隙間に「タスペーサー」という部材を差し込む
  • 塗装後にカッターで隙間を作る

業者によって縁切りの方法が異なる場合があります。詳しくは施工業者にお尋ねください。

重ね葺き(カバー工法)

スレートのヒビが屋根全体に及んでいる場合は、新しい屋根材を上から重ねる「重ね葺き」で修理します。この場合既存の下地はそのままになりますので、雨漏りをしていたり下地の劣化が激しい時は、重ね葺きで施工できません。

重ね葺きはアスベスト入りのスレート屋根を修理する方法として有効です。1960年代~2004年に製造されたスレート屋根には、吸い込むと人体に悪影響を及ぼすアスベスト(石綿)が含まれていることがあります。

アスベスト入りのスレートを処分するには高額な費用がかかるため、新しい屋根材を重ね葺きすることで処分費用を節約できます。

30坪の住宅の屋根を金属屋根へ重ね葺きする際の費用相場は90万~150万円前後となっています。

葺き替え

20年以上経ったスレート屋根は、こまめに塗装メンテナンスしていても屋根材全体に劣化が広がります。こうなると屋根材を撤去して下地を補修する葺き替え工事が必要になります。

30坪の住宅でかかる費用は150万~230万円ほど。アスベストを含んだ屋根材ではさらに費用がかかります。

スレート屋根の多くは「コロニアル」という商品が使われています。コロニアル屋根の葺き替えについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

コロニアル屋根の葺き替えをお考えなら!3つの注意点&屋根材別費用を解説 新築建売住宅の屋根材として圧倒的な普及率を誇るのがコロニアルです。今回はそんなコロニアル屋根の葺き替えについて詳しく解説していきます。...

スレート屋根を修理する際の注意点

スレート屋根を修理する際の注意点について、詳しく見ていきましょう。

アスベスト入りのスレート屋根は処分費用が高額

先ほど触れたように、2004年以前に製造されたスレート屋根にはアスベストが含まれている場合があります。アスベストの撤去や処分には特別に許可を有した業者に依頼しなければなりません。

アスベストを撤去する際には、専用の薬液を使用してスレートを濡らしてアスベストの飛散を予防。重機などは使用できないため人の手で慎重に処分する必要があります。

アスベストの処分や解体には1㎡当たり2万円~8万円ほどの費用がかかります。ただし工事の規模や地域、業者によって相場費用が大幅に変わります。もしアスベストの処分費用を抑えたいなら、葺き替えではなく重ね葺きで屋根を修理することをおすすめします。

重ね葺きを選択した場合、屋根にたとえアスベストが含まれていても、屋根全体が大きく破損していなければ人体に影響がなく、特別な処置がいらないのでご安心を。

DIYでの補修は難しい

スレート屋根の修理はDIYで行うのは止めましょう。屋根という場所は傾斜があり、屋根に登り慣れない人にとって大変危険な場所です。

特にスレートは足で踏むと簡単に割れてしまいます。屋根を修理しようと上に登ったはいいが、かえって割れている箇所を増やす可能性がありますので、スレート屋根の修理は屋根修理に慣れた業者にお任せください。

スレート屋根の修理は屋根専門業者へ

スレート屋根の修理は瓦業者や屋根修理業者が行っています。どちらの場合も、修理できる職人がいる直接工事の業者を選ぶと修理費用が抑えられるでしょう。

スレートは軽くて施工が簡単なので多くの住宅で使われていますが、耐用年数は20年~25年ほど。新築で建てても7~10年前後で何らかの劣化症状が現れます。

始めはかすかなひび割れでも地震や台風で大きな破損につながる可能性が高いです。定期的な点検を業者に依頼して、劣化症状が軽いうちに補修や部分交換をおすすめします。

スカイアルバムがおすすめする屋根修理業者
  • 屋根修理のすまいるーふ

    すまいるーふバナー画像
    「生涯雨漏り保証」を実施しており、各屋根ごと最適な屋根材や釘・ビスに至るまで、徹底的にこだわり、経験豊富な職人さんが施工を行うことで雨漏りさせない屋根作りを実現!
  • LOVE STYLE

    LOVESTYLEバナー
    葺き替え・カバー工法施工時に「10年保証」の制度を設けています。施工ミスや不具合にも対応できるよう瑕疵保険も完備しており、安心して施工をお任せできます!
  • 屋根の修理お任せ一番

    屋根の修理お任せ一番バナー
    施工完了後も半年後に無償の点検を実施!その後も定期点検を行い不具合箇所があれば都度対応をしてくれます!メーカー保証10~30年以上の年数の耐久性を保ちます!