屋根修理

雨漏り修理業者の種類と満足できる選び方・修理方法別費用相場を紹介

雨漏り修理の業者はリフォーム会社、屋根業者、塗装業者、雨漏り修理専門店があります。各会社で得意とする工事が異なるため、雨漏りの症状を考慮して業者を選ぶことが大切です。

雨漏りは原因が多岐に渡るため、修理費用もいくらかかるか不安になるかと思います。この記事では雨漏り修理業者の種類と選び方、修理方法別に費用相場を紹介します。

雨漏り修理を依頼できる業者

業者のイメージ画像

雨漏りの修理ができる業者は以下の業者があります。

  • リフォーム会社
  • 屋根業者
  • 塗装業者
  • 雨漏り修理専門店

どの業者も特徴や業務形態が異なります。雨漏りの原因や施工範囲によって対応できる範囲も違いますので、業者の特徴などを押さえておくことが大切です。

雨漏り修理業者の特徴

いろいろな建物のイメージ画像

各業者で対応する工事の範囲や特徴が異なります。ここでは各業者の特徴をお伝えします。

リフォーム会社

リフォーム会社は外装工事から内装工事まで総合的に行える住宅会社です。施工は下請けに委託しているケースが多く、リフォーム会社側は現場管理を行います。総合的に工事を行うため建物全体を考慮した対応をしてくれます。

屋根業者

屋根施工を専門とする業者です。屋根の施工は葺き替えやカバー工法の屋根工事、板金工事などがあり、業者によっては雨樋工事も対応している業者もいます。屋根施工の専門であり、屋根の知識と技術が豊富です。屋根業者は自社施工で活動しています。

塗装業者

塗装を専門とする業者で、外壁や屋根塗装、内装の塗装、ベランダや屋上の防水塗装など塗装工事に特化しています。その他にもサイディング外壁の目地に使われているシーリングの工事にも対応し、自社施工で業務を行っているところが多いです。

雨漏り修理専門店

雨漏り修理を専門とする業者で、雨漏りの原因となる屋根や窓、ベランダ、屋上など様々な箇所の修理に対応しています。雨漏り診断士が在籍している業者もあり、雨漏りに特化しています。

雨漏り修理を得意としている業者は?

屋根修理の画像

修理は雨漏りしている箇所によって工事の仕方が変わってくるので、得意とする業者も違ってきます。

  • 屋根からの雨漏り→屋根の修理→屋根業者が得意
  • シーリングの劣化による雨漏り→シーリングの打ち替え→塗装業者が得意
  • 雨漏り原因が建物全体に及ぶ→原因箇所を一つずつ修理→リフォーム会社が得意
  • 部分的に雨漏りを修理したい→部分修理→雨漏り専門店が得意

以下に対応している工事範囲を業者別に表にまとめましたのでご参考ください。

業者名対応する工事
リフォーム会社内装
外装(屋根、雨樋、板金、塗装、防水、シーリングなど)
耐震
水回り
木工事
など総合的な工事 
屋根業者屋根葺き替え
カバー工法
板金工事
雨樋工事 
塗装業者外装・内装塗装
防水塗装
シーリング 
雨漏り修理専門店屋根
雨樋
ベランダ

外壁

雨漏り修理の種類と費用相場

費用相場のイメージ画像

ここでは雨漏り修理で行われる工事と費用相場をお伝えします。

外壁のクラック補修の費用相場

修理方法費用相場
ひび割れ補修約1,700〜2,500円/㎡(1〜5万円)
外壁塗装約60〜100万円

外壁にひび割れがあると、そこから水が入り雨漏りを起こします。修理方法はシーリングやエポキシ樹脂を充填して修理します。修理後は跡が残ってしまいますので、目立たなくするために塗装工事を一緒に行うことが多いです。

【依頼する業者】

  • リフォーム会社
  • 塗装会社
  • 雨漏り修理専門店

屋根の葺き替えとカバー工法の費用相場

修理方法費用相場
葺き替え約80〜220万円
カバー工法約60〜200万円

屋根からの雨漏り原因の一つであるルーフィングの劣化は、屋根の葺き替えかカバー工法で修理することになります。ルーフィングの耐用年数は20年ほど、劣化すると防水性をなくして雨水が染み込み雨漏りを起こします。

【依頼する業者】

  • リフォーム業者
  • 屋根業者
  • 雨漏り修理専門店

屋根の修理費用は下記のページで詳しくお伝えしています。

サイディング目地の打ち替えの費用相場

修理方法費用相場
目地シーリング打ち替え約700〜1,000円/㎡(5〜50万円)
サイディング張り替え約60〜300万円

サイディングの目地シーリングが劣化すると水が入り込み雨漏りを起こす恐れがあります。シーリングは約10年周期で打ち替えるのが理想的です。

【依頼する業者】

  • リフォーム業者
  • 塗装業者
  • 雨漏り修理専門店

※サイディング施工を行う外装業者も対応することができます。

ベランダ防水塗装の費用相場

修理方法費用相場
ウレタン防水約4,000〜7,000円/㎡
FRP防水約5,000〜8,000円/㎡

ベランダの床は防水塗装により雨漏りを防いでくれています。防水塗装が劣化していたり、排水溝が詰まっていたりすると雨漏りを起こすので注意しましょう。

【依頼する業者】

  • リフォーム業者
  • 塗装業者
  • 雨漏り修理専門店

※ベランダ防水工事は防水施工業者も対応しています。

雨漏り調査の費用相場

調査内容費用相場
散水調査約10万円
発光液調査約10〜25万円
赤外線サーモグラフィー調査約20〜30万円

雨漏りの修理は原因を特定することが大切です。早急かつ確実に直すなら雨漏り調査を行うことをお勧めします。

【依頼する業者】

  • 雨漏り修理専門店

※雨漏り調査を行うリフォーム会社もあります。

失敗しない雨漏り修理業者の選び方

業者の選び方のイメージ画像

実績のない業者やいい加減な工事をする業者に依頼すると、返って高い修理代金を支払う恐れがあります。ここでは依頼する業者を失敗しないために雨漏り修理業者の選び方をお伝えします。

雨漏り診断士がいる業者に依頼する

業者を選ぶ際は雨漏り診断士が在籍する業者を選びましょう。雨漏り診断士とはNPO法人雨漏り診断士協会が認定する資格です。有資格者は建築の基礎知識と雨漏りについての技能を持っていることが保証されます。

資格保持者かは業者のホームページを確認しましょう。

見積もりが一式ではなく単価など詳細に記載する業者に依頼

見積もり内容が曖昧だと、思っている工事をしてくれなかったり、工事規模の割に金額が高くなっていたりする恐れがあります。

工事について指摘しても「見積もり通りだから」と言われてしまうことがありますので注意しましょう。見積もりを細かく記載してくれない業者は避けたほうが無難です。

見積もりは一式ではなく材料や工事内容、数量、単価など細かく書かれていることが大切です。

訪問販売の業者は依頼しない

訪問販売で営業をかけてくる業者のほとんどが詐欺業者の可能性が高いので注意しましょう。不安を煽ってきたり、無料など金額が安いことを謳ってきたりする業者もいますので、突然家に訪問して工事を促してくる業者は話を聞かずに断りましょう。

訪問営業、無料、キャンペーンで割引ができる、などで営業してくるのは詐欺業者の可能性が高いです。

自社のホームページがある業者に依頼する

すべてではありませんが、悪徳業者は自社のホームページを持っていないことが多く、もし持っていたとしても広告が多かったり、キャンペーンなどの情報ばかりであったりします。

自社のホームページを持っていない業者よりも、ちゃんと自社のホームページを持っている業者を選ぶことが大切です。

信頼のできるホームページは以下の情報が載っていますので、ちゃんとあるか確認しましょう。

  • 会社情報(住所、電話番号、代表者の氏名)
  • 創業年月日
  • 資本金
  • 資格保有者スタッフ紹介
  • 施工事例

雨漏りの原因と解決策を具体的に説明できる業者に依頼する

雨漏り修理は幅広い知識と技術、実績を持っていないと、どこから雨漏りしているのか原因を特定するのが難しいです。

原因や解決策を具体的に説明できないということは、現状がどうなっているかをよく把握していない証拠ですから、曖昧な説明しかできない業者は要注意です。

優良な業者は雨漏りの原因や修理方法を具体的に説明し、依頼者が納得できるまで付き合ってくれます。

アフターフォローが充実している業者に依頼する

雨漏りの修理はある程度の期間かかることを想定しておくことが大切で、長く付き合ってくれる業者に依頼することが重要です。修理後の状態を定期的に点検してくれるアフターフォローが充実する業者に依頼しましょう。

雨漏りすると水の通り道ができます。修理した場所とは違うところから水が入ってきて、同じところから雨漏りすることもあるので、依頼する業者は修理後の対応も重要です。

できるだけ安くて優良な業者を見つける方法

家を調べるイメージ画像

できるだけ費用を抑えたいという方は以下のポイントを押さえて業者を探しましょう。

  • 費用相場を把握する
  • 雨漏りの知識を深める
  • 相見積もりをとる
  • 口コミを調べる
  • 近所で工事している業者を調べる
  • 火災保険を利用する

雨漏りの知識があれば業者がどんな修理をするか理解することができます。知識が浅いと業者の言うことを鵜呑みにしてしまい、余計な工事をされて費用が高くなってしまうことがあります。

早く確実に雨漏りを修理するステップと守るべきポイント

流れのイメージ画像

雨漏りを早く直すには依頼者側の迅速な対応も大切です。以下に雨漏りを修理する流れを記しましたのでご覧ください。

  1. 雨漏り調査をする
  2. 業者に依頼して応急処置してもらう
  3. 業者に雨漏り修理の見積もりを依頼する
  4. 見積もりに納得したら契約
  5. 工事着工(その他の工事があっても雨漏り箇所の修理を優先する)
  6. 工事完了及びアフターフォロー

雨漏りが進行している状態は柱などの木部が腐食してしまう恐れがありますので、早急に修理することが大切です

雨漏りが起きても焦らずに業者を選定することが大切

雨漏りが起きると生活に支障をきたすので早く直したいと思いますが、焦って悪質な業者に依頼してしまうと大変です。

雨漏りが起きたら、まずは応急処置を行い、落ち着いて信頼のできる業者に依頼しましょう。

スカイアルバムがおすすめする屋根修理業者
  • 屋根修理のすまいるーふ

    すまいるーふバナー画像
    「生涯雨漏り保証」を実施しており、各屋根ごと最適な屋根材や釘・ビスに至るまで、徹底的にこだわり、経験豊富な職人さんが施工を行うことで雨漏りさせない屋根作りを実現!
  • LOVE STYLE

    LOVESTYLEバナー
    葺き替え・カバー工法施工時に「10年保証」の制度を設けています。施工ミスや不具合にも対応できるよう瑕疵保険も完備しており、安心して施工をお任せできます!
  • 屋根の修理お任せ一番

    屋根の修理お任せ一番バナー
    施工完了後も半年後に無償の点検を実施!その後も定期点検を行い不具合箇所があれば都度対応をしてくれます!メーカー保証10~30年以上の年数の耐久性を保ちます!