屋根修理

屋根修理の費用が高いと思ったら!相場を知って安くするポイントを押さえよう

屋根を塗り替えたり屋根材を交換したりする屋根工事は、費用が高額になりがちです。業者からの見積書を受け取って「高い!」と感じられる方も多いのではないでしょうか?

今回は屋根修理が高いと感じたら知っておくべきポイントや見積書の見方、費用の相場などを詳しくご紹介。費用を安くする秘訣もしっかり解説していきます。

屋根修理が高いと感じたら…

屋根修理の見積書を見て、金額が高いと感じたらこれからご紹介するポイントを実践してみてください。その金額が妥当かどうか判断することができるようになります。

屋根修理費用の相場を知る

屋根修理の金額が高いかどうかの判断は、費用の相場を知ることで解決できます。というのも業者からもらった見積書の金額が「高いか安いか分からない」「この金額って適正価格なの?」という疑問が解決できるため。

屋根修理というのは瓦一枚の交換から、屋根全体を葺き替える大規模工事まで幅広いのが特徴です。また業者によって工事内容や施工方法が異なることがあります。

一つ一つの工事の相場金額が分かれば、見積もり金額の総額が分かるようになります。同じ工事でも業者によって金額に差がありますので、どうしてこの業者は高いのか?という疑問を持てるようになるでしょう。

見積書の見方を覚える

屋根修理の相場を知ったら、次に見積書の見方を覚えることが重要です。なるべく詳細な工事内訳が記載された見積書を提出してもらい、「工事内容」・「単価」・「数量」の項目を必ずチェックしましょう。

もし「一式」などで記載されている場合は、業者にお願いして詳細な内容を再提出してもらってください。というのも単価や数量が詳細でない場合、金額を水増し請求されたり手抜き工事の原因となることも考えられます。

屋根修理の知識を付ける

屋根修理は業者に依頼するのが一般的ですが、自分でも屋根についての知識を身に付けることが大切です。屋根修理の知識とは主に次のような内容になります。

  • 屋根の形状や面積
  • 屋根材の種類や特徴
  • 劣化の症状
  • メンテナンス頻度
  • 修理工事の種類と内容
  • 屋根修理を依頼する会社の種類
  • 悪徳業者の手口

自宅の屋根の形や劣化状況を知ることで適切な修理方法を知ることができます。また屋根の面積が分かれば相場価格から大体の修理金額を計算できます。

悪徳業者が訪問してきても、屋根についての知識があることが分かれば「この客は屋根について詳しいからだませないかも…」と思わせることができるでしょう。

屋根修理の費用相場一覧

上でご説明した通り、屋根修理の費用相場を知ることはとても大切です。こちらでは部分工事と全体工事に分けて費用相場を見ていきましょう。

部分工事の費用相場

部分工事とは屋根材の一部や屋根部材を交換する工事のこと。台風で破損した場合や、軽微な劣化は部分工事で対応可能です。

工事内容費用相場
棟板金工事15万~30万円
棟の取り直し15万~30万円
漆喰補修工事15万~30万円
谷板金交換2万円~
部分差し替え2万~5万円
雨どい交換工事15万~40万円
軒天修理10万~30万円
雪止め設置工事3万~10万円

全体工事の費用相場

全体工事というのは屋根全体に及ぶ塗装工事や葺き替え工事、重ね葺き工事などです。部分工事に比べると高額で、屋根材の種類や使用する塗料のグレードによって価格が変動します。

塗装工事は15年に一度程度、葺き直し工事は日本瓦などの瓦屋根で施工できます。

工事内容費用相場
塗装工事30万~80万円
重ね葺き工事60万~150万円
葺き替え工事80万~220万円
葺き直し工事100万~190万円

見積書のチェックポイント

ここでは見積書のチェックすべきポイントを詳しくご紹介していきます。

工程ごとに細かく項目分けされているか

見積書は工事の工程ごとに細かく記載されているかを確かめましょう。割れた瓦を1枚交換するといった簡単な工事以外、屋根工事には様々な工程があります。

例えば屋根の葺き替え工事では次のような工程で進んでいきます。

  1. 既存屋根の撤去
  2. 野地板の補修・張り替え
  3. ルーフィングの交換
  4. 雪止めなどの金具設置
  5. 屋根本体取付

これらすべての工事について、人件費はどの位掛かり材料費や処分料はいくらなのか詳細に示してもらう必要があります。そのためにも工程ごとに項目されているか?は見積書のチェックポイントとなります。

雑費・諸経費・諸費用の二重計上に注意

「雑費」・「諸経費」・「諸費用」の項目も要チェックです。これは本来職人の交通費や現場監督の人件費など、工事金額以外の経費を計上するもの。しかし内容が不透明なため不当に高い金額を請求されることがあります。

また工事の項目ごとに「諸費用」や「雑費」が記載された見積もりは、二重計上の可能性があります。見積もりをわざと複雑なように見せて、必要以上に金額を吊り上げている場合も。

良心的な業者なら「雑費」と「諸経費」はどちらか一つにまとめて、一括して請求書に記載するはずです。

素人でも見やすい工夫がされているか

工事についてよく知らない素人でも見やすいように見積もりが作られているか?についてもチェックしましょう。実は見積書の作り方でも業者の性格や姿勢が分かることがあります。

それぞれの項目が工程ごとに色分けされていたり、文字の配置やレイアウトに見やすい工夫がされている業者は、几帳面で丁寧な仕事をしてくれる印象があります。

また住宅のリフォーム工事というのは美的センスが求められることがあります。たとえパソコンで作成する見積書であっても、見やすさやセンスというのは見積書からも見てとれるのではないでしょうか。

材料の商品名や単価の記載があるか

塗料の商品名や材料の単価の記載があるかもポイントです。葺き替え工事や重ね葺き工事なら、使う屋根材の名称や1枚当たりの単価を記載してあるのが当然。

また屋根塗装をするなら下塗りや上塗りに使う塗料の商品名が載っているかも要チェックです。塗料はグレードによって耐用年数や価格が異なります。同じ商品であっても型番が一部違うとグレードが変わってくるため注意が必要です。

㎡数や数量は正確か

数量欄に記載されている㎡数や数が正確かも確認してください。業者によって多少の誤差が出るのは仕方ありませんが、大きく数量が違うのは問題です。

200㎡の屋根を修理するのに250㎡で計算されている場合、工事金額を水増しされている場合があります。また詳しく数量を書くべき項目が「一式」で出ている場合は、そもそもの㎡数や数量が分からないため適正に工事が行われたのか確認できなくなります。

大幅な値引きがないか

「今契約してくれたら40万円値引きしますよ」や「今だけ足場代サービスします」など大幅値下げを餌に契約を迫る業者も要注意。適正価格を初めから提示している業者は、足場サービスや40万円値引きなどとうてい不可能だからです。

このような大幅な値引きをする業者の場合どこかで水増し請求されており、契約を急かすのに値引きを利用する悪徳業者がよく使う手口です。

大規模な工事では合計金額の端数を値引きして、キリの良い金額にしてくれることがあります。値引き自体はよく行われていますが、あまりにも大きな金額の値引きは二重計上や一式表記とセットにして、工事金額を操作している可能性がありますので注意してください。

屋根修理を安くする方法

最後に屋根修理を安くする方法をご紹介していきます。

2~3社から相見積もりを取る

業者から見積もりを取る場合は2~3社から相見積もりを取りましょう。相見積もりは自宅の屋根にかかる金額の相場を知れるだけでなく、工事内容や業者の対応もチェックできます。

その際には同じ工事内容で、できれば使用する屋根材や塗料を同じにした方が比較しやすくなります。相見積もりを取ることはリォーム工事で普通に行われていることですが、現場調査の際は業者同士がかち合わないような配慮が必要です。

応急処置やDIYで済ませない

屋根修理の金額が高いからと、自分で修理してみたり応急処置で済ませることは避けましょう。屋根に登り慣れていない素人が屋根の上で作業しようとすると、屋根から転落してしまう危険があります。

また屋根の構造についてよく知っていないと、間違った場所に釘を打ち付けたり、穴を開けてしまうことも。雨漏りの原因となりますのでDIYでの修理は止めましょう。

結果的に高額な治療費や修理費用がかかってしまいますので、屋根修理は専門業者になるべく早めに依頼するのが費用を抑える秘訣です。

エコ塗料を使えば助成金が出ることも

もし屋根塗装工事をするなら、「エコ塗料」を使用すれば助成金が出ることがあります。エコ塗料は「断熱塗料」や「遮熱塗料」といった、住宅の省エネ化に役立つ塗料のこと。

各地方自治体では外壁や屋根リフォームでエコ塗料を使用した場合、工事費の一部を補助してくれる制度を設けています。上限額や条件はそれぞれの自治体によって異なりますが、おおむね10万円~30万円の補助が受けられます。

補助金の申し込みの多くは先着順で、予算の上限に達し次第締め切りとなることもあります。エコ塗料を使った屋根塗装をお考えの方は、補助金制度を利用してお得に修理してみてはいかがでしょうか。

自社施工の業者に依頼する

屋根修理は自社施工の業者に依頼すると費用を抑えられます。というのも大手のハウスメーカーやリフォーム会社では工事を依頼されても自社で施工せず、下請けに任せてしまうため。下請けに支払う工事金額とは別に中間マージンが発生するため、費用が高くなりがちです。

適正価格で屋根修理を行いたいなら、自社で職人を抱えた「板金工事」や「瓦工事」の専門業者か屋根修理を得意とする地元の業者に直接依頼することをおすすめします。

スカイアルバムがおすすめする屋根修理業者
  • 屋根修理のすまいるーふ

    すまいるーふバナー画像
    「生涯雨漏り保証」を実施しており、各屋根ごと最適な屋根材や釘・ビスに至るまで、徹底的にこだわり、経験豊富な職人さんが施工を行うことで雨漏りさせない屋根作りを実現!
  • LOVE STYLE

    LOVESTYLEバナー
    葺き替え・カバー工法施工時に「10年保証」の制度を設けています。施工ミスや不具合にも対応できるよう瑕疵保険も完備しており、安心して施工をお任せできます!
  • 屋根の修理お任せ一番

    屋根の修理お任せ一番バナー
    施工完了後も半年後に無償の点検を実施!その後も定期点検を行い不具合箇所があれば都度対応をしてくれます!メーカー保証10~30年以上の年数の耐久性を保ちます!