屋根修理

コロニアル屋根を修理するにはいくらかかる?よくある劣化状況&3つの注意点を解説

新築住宅の屋根材として主流なのが「コロニアル屋根」です。今回はコロニアルの主な劣化症状や修理費用の相場について詳しくご紹介していきます。

修理する際のポイントに注意して、劣化状況に応じた適切な修理方法を選びましょう。

コロニアル屋根の主な劣化状況

「コロニアル」という名前はもともとケイミュー株式会社で販売されていた商品名でしたが、今や新築住宅の大部分で採用されるほど一般的です。繊維を混ぜたセメント製で、4.5~6mmほどの薄型のスレート瓦のこと。

軽量で耐震性があり、他の屋根材と比べて材料費や施工費がかからないため、施工する業者が増えました。コロニアルの寿命は30年ほどですが、耐久性が弱く適切なメンテナンスをしないと劣化しやすいという特徴があります。

ここではコロニアル屋根に見られる主な劣化症状とその原因について解説するとともに、適した修理方法も併せてご説明していきます。

表面の色褪せ

新築で建ててから10年ほど経つと、屋根の表面に色褪せが目立つようになります。

コロニアルに限らず屋根というものは、太陽光による紫外線の影響や風雨、寒冷などにさらされて塗装面が色褪せしやすい場所です。新築時に比べて屋根の色が薄くなっていたり、日向と日蔭の場所で色が違っていたりすると表面が色褪せしているサインです。

また屋根の表面を指で軽くこするとチョークのような白い粉が付くと塗膜が劣化している証拠になります。これは「チョーキング現象」といい、塗料に含まれている合成樹脂の成分が分解され、顔料が白い粉状となって表れます。

このような色褪せやチョーキング現象が見られたら、屋根の再塗装がおすすめ。新たに塗装を施すことで塗膜剥離を抑えるだけでなく、屋根の美観を保ち水の染み込みを防ぎます。

コケや藻が発生

屋根の表面にコケや藻が発生することがあります。コロニアルの主な成分はセメントのため、塗装メンテナンスで防水性を保つことが可能です。しかし再塗装をしないままで経年劣化すると、塗膜が劣化して防水性が落ちます。

コロニアルの表面は元々ザラザラしています。ここに泥やホコリが付着し、雨水や湿気が溜まるとコケや藻が発生してしまうのです。これらは長い時間を掛けて徐々に広がるため早急に塗装をするほどではありませんが、放置すると屋根全体の耐久性が下がるのでご注意を。

特に雨の多い地域や日の当たりにくい北側の屋根に多く見られます。コケや藻の発生も再塗装のサインと考え、メンテナンスの計画を立てましょう。

反りや浮き

水を含んだコロニアルを放置しているとコケや藻が発生しますが、それをさらに放置しておくと表面の劣化にとどまらず瓦に反りや浮きが生じます。これはコロニアルが水を含んだまま凍結したり、急な雨の後の日差しで乾燥したりといった水濡れと乾燥を繰り返すことが原因です。

さらに端の方がクルンと反ったコロニアルをそのままにしておくと、台風や強風で吹き付けられた雨が内部に侵入して、雨漏りの原因となることも。軽微なうちは塗装でも対応できますが、ひどくなると葺き替える以外なくなってしまいます。

水を吸い込む

塗膜が剥離したままで放置すると、屋根材の内部に水分が染み込んでいくようになります。乾燥と濡れ、冬季の凍結などを繰り返すと基材が膨張して最後には屋根材自体が破壊されてしまいます。

基材に水が染み込んだ段階にまで進んだコロニアルは、ひどい反りや強度不足を引き起こします。ゆくゆくは雨漏りや下地の劣化につながりますので早急に対処しましょう。

水の吸い込みがひどいコロニアルは、重ね葺きでは対処できず葺き替え以外の方法がありません。重ね葺きは既存の屋根の上に新しい屋根材を重ねる工法で、既存の屋根材が劣化していないことが条件となります。既存の屋根が腐ってしまっているため、重ね葺きは難しいでしょう。

ひび割れや欠け

アスベストが含有されていないコロニアルは、比較的ひび割れや欠けが生じやすくなっています。いくらセメント製とはいえ5mmほどの厚みしかないため、人が踏んだり強い風や地震の影響で簡単に割れてしまうのです。

経年劣化で強度が不足した状態ではさらにひび割れやすくなっているため、適切な時期の塗装が必要となります。ひび割れた箇所が一部分にとどまっているなら屋根材の交換で対処が可能です。

しかし全体的にひび割れが目立つ場合はコロニアルの寿命が来ている可能性が高いため、葺き替え工事が必要となります。

瓦の脱落

コロニアルというのは上部を4本の釘だけで固定しているため、風であおられたり地震の振動で瓦が脱落することがあります。通常コロニアルは二枚重ねに張られており、その下にはルーフィングと言われる防水シートが敷かれているためすぐに雨漏りが生じることはありません。

一か所瓦の脱落を見つけたら他の箇所も脱落するおそれがありますので、専門業者に点検してもらうようにしましょう。部分的な脱落なら補修で対処可能です。

棟板金の浮きや釘の脱落

コロニアル屋根の一番高いところにある「棟板金」が劣化して、固定している釘が抜けることがあります。板金自体が気温の影響で膨張と収縮を繰り返して、徐々に釘を押し上げるため。

最終的には釘が抜け落ちたり、棟板金が浮いてしまうこともありますので適切に修理をしましょう。少しの浮きで押さえられている場合でも、台風や強風で棟板金が吹き飛ぶ恐れがあります。人やモノに当たると大事故につながりますので、なるべく早めに補修をしてください。

コロニアル屋根の修理方法別費用相場

コロニアル屋根の主な劣化症状が分かったところで、修理方法ごとの費用相場を見ていきましょう。

部分補修

コロニアル屋根の瓦が脱落したり、棟板金が劣化した場合は部分的な補修で済むことがほとんどです。

補修内容費用相場
屋根材の一部交換5,000円~30,000円/枚
棟板金補修5,000円~8,000円/m
棟板金交換5,000円~12,000円/m

交換では1枚あたり5千円~3万円ほどが相場。棟板金の修理は1mで5千円~8千円、交換は5千円~1.2万円前後となります。

ただし上記の金額に足場費用がプラスされる場合があります。

塗装工事

コロニアルの表面に色褪せやチョーキングが見られた場合やコケが発生している時は塗装工事を行いましょう。また特に変化が見られなくても築7~10年経ったコロニアル屋根は劣化している場合があります。表面の塗膜機能を保つためにも塗装が必要です。

塗装する際には塗料の種類によって費用が変わります。こちらは種類ごとの施工単価相場です。

塗料の種類施工単価(㎡)
アクリル塗料700円~2,000円
ウレタン塗料1,500円~2,500円
シリコン塗料1,800円~3,500円
フッ素塗料2,800円~5,000円

一般的に塗料の耐用年数が長いほど費用が高くなります。

30坪の一般的な二階建て住宅のコロニアル屋根を塗装する場合、40万~70万円ほどが相場です。これは足場代や養生費などを含めた金額となります。

重ね葺き(カバー)工事

特にアスベストを含んだコロニアル屋根の場合、新しい屋根材を重ね葺きすることでリフォーム費用を大幅に抑えられます。このとき使用する屋根材は軽量で強度の高いガルバリウム鋼板などの金属製が一般的。

およそ30坪の住宅のコロニアル屋根に金属屋根を重ね葺きすると、90万~150万円前後になります。ただし重ね葺きできるのは1度だけで、すでに重ね葺きしてある屋根にさらに重ね葺きすることはできません。

また既存のコロニアルが劣化していて反りや腐食が激しい場合は、重ね葺き工事が出来ません。その場合は下地から新しくする葺き替え工事となります。

葺き替え

すでに何度か塗装をしているけどコロニアル自体の劣化が激しい場合や、一度重ね葺きした屋根をリフォームするには葺き替え工事で対応します。葺き替えとは既存の屋根材を撤去して、下地を交換・補修後に新しい屋根材を葺くという工法のこと。

屋根自体が一新できるので見た目の印象が変わるだけでなく、軽い屋根材を使用することで耐震性が高くなるなどのメリットがあります。ただし屋根修理の中で一番費用が高額で、30坪の住宅でも葺き替えにかかる費用は150万~230万円ほどになります。

さらにアスベストを含んだコロニアルの場合は、解体や処分に追加で費用がかかります。アスベストの処分や解体撤去にかかる費用は㎡当たり2万~8万円前後です。

コロニアル屋根を修理する際の注意点

コロニアル屋根を修理する際にはいくつかの注意点があります。リフォームを成功させるためにも、以下のことに気を付けましょう。

アスベスト入りのコロニアルはカバー工法がおすすめ

先ほども少し触れましたが、アスベストを含んだコロニアル屋根にはカバー工法がおすすめです。アスベストは以前は屋根材やロックウールといった建材によく使われていましたが、施工や解体に携わる人々に健康被害が多く見られるようになってからは使用が禁止されました。

コロニアル屋根でも20年以上前に製造されたものにはアスベストが入っていますが2006年にはその製造は使用が全面禁止となったため、それ以降に建てられた住宅には使用されていません。

アスベストを使用した建材を撤去処分するには、飛散が起こらないよう水などで濡らしながら丁寧に手作業で作業しなければなりません。また解体処分を行うのも専門の許可を得た業者に依頼しなければならず、通常の工事費の他に余分に費用が掛かってしまいます。

そこでアスベストを含むコロニアル屋根はなるべく葺き替えではなく、重ね葺きを選択するようにしましょう。そのためには屋根材自体が劣化していないことが条件となりますので、こまめな点検でタイミングを見極めながらメンテナンスしていくことが求められます。

塗装工事では縁切りが必要

コロニアル屋根への塗装工事では「縁切り」という作業が必要です。コロニアルをはじめとするスレート屋根というのは、雨水が屋根材の下から入った時に、重なっている隙間から水を排出する作りになっています。

塗装時にこの隙間に塗料が入ったまま乾いてしまうと、雨水の排出場所がなくなり雨漏りや腐食の原因に。縁切りとはこの雨水の排出口を作るため、付着した塗膜を切っていく作業になります。

縁切りの方法は主に二種類。

タスペーサーを使用下塗り完了後に屋根と屋根の間に入れることで隙間を作る。
カッターによる縁切りよりも手間がかからずコストが抑えられる。
ナイフやスクレーパーで切るカッターナイフやスクレーパーなどの道具で手作業で重ね目に切れ目を入れる。
キレイに塗装した後を歩いて作業しなければならない。

最近では手軽で費用も掛からないタスペーサーを使う方法が一般的になっています。

重ね葺き・葺き替えでは使う屋根材に注意

屋根を重ね葺き・葺き替えする時は使用する屋根材に注意しなければなりません。

重ね葺きをする際は既存の屋根はそのままなので、新しい屋根を重ねる分屋根の重量が重くなります。結果として住居の耐震性が落ちることも考えられるため、なるべく軽い金属屋根や同じコロニアル屋根で重ねるのが推奨されています。

また葺き替えに関してもルールがあり、既存の屋根よりも重い屋根に葺き替えることはできません。というのも柱や壁というのは既存の屋根の重さに合わせて設計してあるため。

既存の屋根よりも重い屋根に変えてしまうと、柱や壁がその重さに耐えきれず倒壊してしまう恐れがあるのです。つまり現状の屋根材の種類によっては使える屋根の種類が限られてしまうという可能性があります。

コロニアル屋根の劣化状況に応じた修理方法を選ぼう!

コロニアルは軽量で安く施工できるため多くの住宅の屋根に採用されています。とはいえ塗装などのメンテナンスを怠ると、瓦が破損するなどの劣化が起こります。

またアスベストを含んだ20年前のコロニアル屋根は、ひどくならないうちにカバー工法でリフォームすることで費用を大幅に抑えられます。このようにコロニアル屋根には劣化状況に応じた適切な修理方法がありますので、適切に対処してなるべく長持ちさせるようにしましょう。

スカイアルバムがおすすめする屋根修理業者
  • 屋根修理のすまいるーふ

    すまいるーふバナー画像
    「生涯雨漏り保証」を実施しており、各屋根ごと最適な屋根材や釘・ビスに至るまで、徹底的にこだわり、経験豊富な職人さんが施工を行うことで雨漏りさせない屋根作りを実現!
  • LOVE STYLE

    LOVESTYLEバナー
    葺き替え・カバー工法施工時に「10年保証」の制度を設けています。施工ミスや不具合にも対応できるよう瑕疵保険も完備しており、安心して施工をお任せできます!
  • 屋根の修理お任せ一番

    屋根の修理お任せ一番バナー
    施工完了後も半年後に無償の点検を実施!その後も定期点検を行い不具合箇所があれば都度対応をしてくれます!メーカー保証10~30年以上の年数の耐久性を保ちます!